×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プチ断食のやり方

プチ断食のやり方をチェック!

《スポンサードリンク》

プチ断食のやり方をチェックしましょう。

プチ断食とは人間が本来持っている自然治癒力を断食によって引き出し、ダイエットを進めていくというものです。ダイエットに最も効果的なのは食べないこと。

何も食べなければ体重は落ちます。しかし完全な断食ほど不健康なダイエットはありません。
少し前に、栄養バランスを調整したダイエット専用のジュースだけを2日間飲み続けるというダイエット方法が流行りましたが、最近流行りのプチ断食はこれをもっと身近にしたものです。


プチ断食のやり方は、断食期間を3〜4日間設定することから始まります。
ここでは4日間を例にしてみましょう。


1日目はプチ断食の準備の日です。
準備といっても特に何かをするというわけではありません。
1日目は消化のよいものを食べ、夕食もできるだけ早い時間に済ませましょう。
朝食はいつもどおり、昼食は腹八分目、夕食は普段の半分と、だんだん食事の量を減らしていき、翌日からのプチ断食に備えます。つまりいきなり断食をするのではなく、少しずつ食べる量を減らしていくことがポイントになるのです。
また消化を助けるためにも水分はしっかり取りましょう。


プチ断食のやり方で一番大切なのが2日目、つまり本格的にプチ断食に臨む日のすごし方です。
断食というとまったく何も食べないというイメージがあるかもしれませんが、プチ断食の場合は少量、胃の中に収めることで何も食べていないというストレスを軽くします。


2日目の朝食から3日目の昼食までは毎食、プレーンヨーグルトと野菜ジュースを食事の代わりにします。注意しなくてはいけないのは、プチ断食の期間中は普段に比べると水分摂取量が少なくなりがちです。意識的に水分を摂るように心がけましょう。


プチ断食のやり方のもうひとつのポイントは3日目の夕食から始まる回復期間です。
3日目の夕食はおかゆなど、消化によく軽いものを普段の半分、もちろん水分はしっかり摂りましょう。


4日目の朝もおかゆなどにしますが、分量は3日目の夕食よりも少し多めにして腹八分目にします。4日目の昼食からは普段どおりの食事でかまいませんが、あまりヘビーなものをドカ食いしないようにしましょう。


プチ断食のやり方は3〜4日間にまたがるので、ストレスなくプチ断食の期間を過ごすためにも週末を活用し、金曜日の夜から月曜日の朝にかけて取り組むといいでしょう。

《スポンサードリンク》

ホーム
プチ断食やり方
ヨーグルトプチ断食
ホテルでプチ断食
プチ断食の効果
プチ断食のプログラム
プチ断食ダイエット

スポンサードリンク

Copyright© 2009
プチ断食のやり方 All Rights Reserved.
HTML Templates