×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プチ断食のやり方

プチ断食のプログラムって?

《スポンサードリンク》

プチ断食のプログラムを作ってみましょう。

プチ断食についての知識をある程度つけたら、その知識をもとにオリジナルのプチ断食プログラムを作ってみると、プチ断食の始め方や必要なものが分かってきて、よりスムーズにプチ断食を始めることができます。

ここではプチ断食のやり方を復習しながらモデルとなるプログラムを作ってみましょう。


プチ断食のプログラムは基本的に3〜4日を1サイクルにしますが、ここでは3日間のプチ断食プログラムを作ってみましょう。


まずは準備期間になる1日目の昼食からです。
プチ断食はもう既に始まっています。
消化のよい軽めのものを腹八分目弱に抑えましょう。

おススメはあっさりとした和食中心の食事です。
1日目の夜はさらに食事の量を減らし、お粥やうどんなどを少し食べる程度、普段の半分程度に抑えます。

またミネラルウォーターや体を温めるしょうが紅茶、ハーブティーなど、余計な混り気のないもので水分補給をしっかりしましょう。もちろんお酒は厳禁です。

2日目は本格的なプチ断食に突入します。
朝食から夕食まで生の野菜や果物をジューサーで絞っただけの野菜ジュースやヨーグルトなど、最低限の栄養補給程度にとどめます。

このとき砂糖などで味付けしないということと、野菜や果物に含まれる酵素を壊さないために加熱しないということの2点に注意しましょう。

また普段ならそれほど意識しなくてもある程度水分補給ができますが、プチ断食中はほとんど食べないため、意識しなくては水分補給も怠りがちになってしまいます。

ミネラルウォーターやしょうが紅茶、ハーブティーなど、味付けしていないものでしっかり水分を補給しましょう。

3日目はプチ断食からの回復日になります。
前日は24時間、ほとんど食べていませんから、少しずつ普段の食生活に戻していくようにしましょう。
具体的には準備期間の逆をたどるようにします。
3日目の朝食はお粥やうどんなどを少しだけ食べ、ミネラルウォーターやしょうが紅茶、ハーブティーなどでしっかり水分補給。

3日目の昼食は消化のいいあっさりとした和食を腹八分目弱にしますが、夕食からは普段通りの食事で大丈夫です。

ただしいきなり脂っこいものを食べると胃が驚いてしまいますから、普段通りとは言ってもこの日は軽めのものにしましょう。


プチ断食をしていると味覚もリセットされます。
回復日には素材そのものの味を実感できますから、あっさりとした和食がおいしく感じられますよ!

《スポンサードリンク》

ホーム
プチ断食やり方
ヨーグルトプチ断食
ホテルでプチ断食
プチ断食の効果
プチ断食のプログラム
プチ断食ダイエット

スポンサードリンク

Copyright© 2009
プチ断食のやり方 All Rights Reserved.
HTML Templates